コラム

ゲイアプリのヤバいゲイ!地雷ゲイの特徴とは

気軽に出会えるツールとして人気があるのがゲイアプリです。ゲイアプリと言ってもいろいろなアプリがありますが、すべてのアプリに共通して言えるのが「地雷ゲイ」の存在です。

周囲から好かれている人もいれば、嫌われている人もいて、ゲイの世界においても嫌われている地雷ゲイはたくさんいます。

ゲイアプリを利用するなら、トラブルに巻き込まれないためにも地雷ゲイとの関わりはできるだけ避けたいところです。

この記事では、ゲイアプリを利用している地雷ゲイの特徴を紹介します。

メッセージやラインの返信を催促してくるゲイ

ゲイアプリで他のゲイとやりとりする手段の1つにメッセージやラインがあります。メッセージ、ラインでやりとりをして相手のことを少しずつ知っていくのがゲイアプリのファーストステップですが、メッセージやラインのやりとりのペースは人によってさまざまです。

ここで注意して欲しいのがメッセージやラインの返信を催促してくるゲイです。相手がメッセージを送ってきたことに対し、何時間も返信をしないうちに相手から再びメッセージが来ます。「返事が欲しい」「どうして返信がないの?」などのやりとりに対し、面倒と感じる人もいるでしょう。

メッセージやラインの返信を促してくるのは以下の理由があります。

  • 早くやりとりがしたい
  • 嫌われたくないから
  • 脈ありかなしを判断して早く次に進みたいから

などがあります。早くやり取りがしたいのは相手に対して興味を持っているから、嫌われたくないというのは自分がさっき送った文章に対して不安があったから、脈ありかなしかはメッセージのやりとりを進めて早く次に行きたいからです。

このように返信を促してくるゲイは基本的に自分のことしか考えておらず、相手の立場になって物事を考えることができていません。メッセージやラインの返信を催促してくるようなゲイはあまり関わらない方がいいですが、返事が1日、2日経って相手から連絡来るのは許容範囲です。

相手に対する理想が多いゲイ

ゲイアプリを使っていると、ユーザーのプロフィール欄に

  • ○○のタイプ限定
  • ○○が好き
  • ○○はお断り
  • ○○系の服装が好き
  • ○○の趣味が合うのみ

このように、相手に対する理想を掲げているユーザーを見かけることがあります。自分の理想を掲げることによって、それ以外の人との不要なやりとりを避けることが狙いもありますが、基本的に自分の理想ばかりを掲げているユーザーとは関係を持っても長続きはしないことが多いです。

特に「お断り」「趣味が合う人だけ」のようにネガティブなワードで断言している場合は注意してください。

プロフィール写真について

ゲイアプリにおいて自分を相手にアピールするために重要になるのがプロフィール写真です。どれだけプロフィール文に良いことを書いていたとしても、プロフィール写真が相手の興味を引くような内容でなければ良い印象を持たれることはありません。

ゲイアプリで少しでも出会いの確率を増やすためにはプロフィール写真が重要になってきますが、ゲイアプリの地雷ゲイはプロフィール写真から見えてくることもあります。ここでは、地雷ゲイのプロフィール写真の特徴を紹介します。

顔が隠れている

ゲイアプリを使って意外と多いのが顔の隠れた写真を使っていることです。顔を隠すという行為は何か隠したいことがあるという表れであり、そんな気持ちがある人と付き合うことになっても長続きしないことは目に見えています。

はっきりと顔写真を載せることができない人に限って、性的な写真を送り付けくるようなことも珍しくありません。真面目に出会いを求めているのに、顔がしっかり分かる写真をプロフィールに設定している人を選ぶと地雷ゲイに当たる可能性は減ります。

ただし、ゲイアプリを使ってプロフィール写真が悪用されるようなケースもあるので、それを防ぐために顔写真を掲載していないこともあります。犯罪防止などの理由からプロフィール写真を掲載していないユーザーについては、メッセージのやりとりを通じて関係が深まってくると直接メッセージで写真を送ってくれる場合がほとんどです。

プロフィール文などで相手に興味を持ち、相手がプロフィール写真に顔を設定しないのであれば、最初から地雷ゲイと決めつけてしまうのではなく、メッセージのやり取りを少し行ってから判断するのでも遅くはありません。

加工がひどい

加工の度合いによりますが、少しの色味を加工しているなら問題ないです。少しでも自分を良く見せようと思うのは自然なことで、まったく加工をせずにプロフィール写真を設定している人は少ないでしょう。

その一方で加工をし過ぎている人は要注意です。実際に会ったときに写真のイメージと実物が大きくかけ離れることになり、イメージとのギャップで幻滅します。

また加工がひどいゲイは基本的に自分がありません。自分の顔を変えてもいいという思いを持っているくらいなので、周囲に流されて自分の意見や意志を変えてしまいがちです。自分を持っていない人と関係を長続きさせることは難しく、長続きができたとしてもフェアで良好な関係を作っていくことは難しいです。

マッチングアプリでかなり加工しているのはせいぜい20代くらいまでです。30代を過ぎても加工に命を懸けているようなら、年齢と心の年齢にギャップがあります。

古い写真を使っている

ゲイアプリで古い写真を使っている人も地雷ゲイの可能性が高いです。

そもそも新しい写真を使用せずに古い写真を利用するのはなぜでしょう?

  • ・自分のお気に入りのショットがあった
  • ・今の自分に自信がない
  • ・今の自分を知られたくない

などの理由が考えられます。いずれにしても現在の自分に対するコンプレックスが強い現れであり、このようなゲイと関わりを持ってしまうと相手に依存することや相手に自分の気持ちを求めすぎてしまいます。

アカウントを何度も作り直す

ゲイアプリを使っていると、何度もアカウントを作り直している人を見かけることがあります。基本的に作り直す人はすべてトラブルで、人間関係のトラブルが多く相手のせいにしている人も多いです。

アカウントを削除するということは、これまでの自分をリセットしたいという気持ちの表れでもあります。数年にわたって1つのアカウントを使ってきたとかなら分かりますが、何度もアカウントを削除している人は、これからも何度も同じ失敗をして周囲を振り回します。アカウントを何度も作り直しているゲイとはできるだけ関わらないようにしましょう。

マナーがなっていない

ゲイアプリの地雷ゲイの特徴に「マナーが悪い」があります。

たとえば、

  • メッセージのやり取りで基本的な挨拶がない
  • お互いのことを知らない状態でいきなりため口
  • 一方通行で何度もメッセージを送りつける
  • 最初から過度な詮索をする

などです。このような基本的なマナーができていないゲイは関係を持っても長続きしません。ゲイに限ったことではなく、マナーがなってない人は相手の立場になって物事を考えることができない人です。自分自身もしっかりマナーを守って楽しくゲイアプリを使いたいものです。

まとめ

ゲイアプリにおける地雷の特徴を紹介しました。

ゲイアプリは気軽にゲイとの出会いを求められるツールですが、相手のことをしっかり見極めることが重要です。特に地雷ゲイに出会ってしまうとトラブルが頻発する可能性もあるので注意してください。今回の記事を参考に、地雷ゲイに当たらないように素敵な出会いを探しましょう。

  • 当サイトに掲載されている画像などの著作権は各権利者に帰属します。
  • 価格が記載されている場合は、記事配信日時点での税込価格です。
  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。詳細については各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
こちらも見られています