BRO

ゲイアプリ・ゲイ出会い系-BRO(ブロ)使い方を徹底解説

BROはストレート男性とゲイ・バイの出会いを目的としたソーシャルアプリです。ゲイアプリの多くはゲイ同士やバイ・ゲイの出会いを目的としており、ストレートの男性が利用できるのは一線を画しています。

アメリカ発のアプリで日本国内においては高くない知名度ですが、欧米では着実に人気が高まっています。今回はBROの使い方を徹底解説します。

Screenshot of www.broapp.com

引用:https://www.broapp.com/

BROはストレートの男性と出会える一風変わったゲイアプリ

BROは男性の友情、チャット、デートのための新しいソーシャルアプリで、「自分自身のセクシャリティをゲイと特定しない男性同士がデートや恋愛を楽しむ」ことを目的としています。

BROは男性同士がステレオタイプを超えて出会えるアプリですが、アプリがリリースされたアメリカではゲイというセクシャリティを特定することに違和感を覚える人が増えています。ゲイの世界では歓迎されないストレートの男性や、一般的に言われているゲイには属さない人が気軽に交流できるコミュニティを作っています。

日本人だと「ストレートの男性が他のストレートの男性やゲイと関係を持ちたい」と言う感覚があまり理解できないかもしれません。多様性やさまざまな考えが許容されるアメリカならではのサービスと言えるでしょう。

BROのマッチングの仕組みは他のゲイアプリと似ていて、アプリ上に表示されるユーザーの中に興味がある人にアタックしてお互いの気持ちが合致すればマッチングです。

外国製のアプリということもあり外国人のユーザーが中心ですが、日本人ユーザーの利用も増えています。

またストレートの男性が多く利用していることもあり、アプリでマッチングしたからと言ってすぐに体の関係になることはほとんどありません。友達やビジネスパートナーを探すために利用しているユーザーも多くいます。

BROの登録方法

BROは以下のサイトからダウンロードできます。

英語表記になっているので翻訳機能を使って日本語に直しましょう。アプリも基本は英語になっていますが、機能そのものはシンプルで分かりやすいので、英語が分からなくても利用することはできます。

アプリをスマホにインストールし、起動させるとプロフィールの設定になります。ユーザーはソーシャルネットワークや電話番号などを使って自分自身を認証するので、ポットや業者の利用はありません。安全性やセキリュティ面については特に心配することなく利用できます。

BROの使い方(基本編)

BROの特徴の1つに独自のキャラ設定があります。キャラ設定とは自分の好みの相手と効率よく出会うための属性で、事前に設定しておけば自分の好みのタイプが表示されやすくなります。

タイプには以下のような種類があります。

・プレッピー(お嬢さん)

  • スーツ(リーマン)
  • ランバー(ワイルド)
  • ヒップスター(意識高い)
  • カジュアル(気軽な感じ)
  • ファビュラス(驚愕する)
  • グラマー(魅力のある肉体)
  • G.I(兵隊)
  • ジョック(体育会系)

このうち自分に当てはまるタイプを設定しておけば、似たようなタイプの人が表示されるようになります。プロフィールをチェックして交流したい人がいれば、お気に入りに追加しましょう。相手も自分に興味を示してくれたらお気に入りに追加してくれるので、後はチャットを通して関係を深めていきます。

BROの使い方(上級編)

BROの応用的な使い方として有料会員になる方法があります。BROは無料で利用ができるアプリですが、1カ月約700円で有料会員になることも可能です。有料会員になることで広告が非表示になることや表示されるユーザー数を増やすことができます。

他のゲイアプリに比べると日本人ユーザーが少ないので、効率的に日本人ユーザーを見つけるために表示できるユーザー数を増やすのは効果的です。

またトラベルモードというGPS機能を使ったサービスもありますが、自分の近くにいるユーザーを探すことや旅行先で現地のBROユーザーを探すこともできます。チャットのやり取りをしてじっくり関係を深めるのと違い、すぐに出会うことも多くトラブルに巻き込まれないように注意する必要があります。

また詳細検索の機能が搭載されていて、自分が出会いたいと思っているユーザーの特徴を入力して検索するとピンポイントに相手が表示されます。英語検索になるので言語が分からないと使いにくいですが、翻訳機能などを上手に活用しながら活用しましょう。

BROの注意点

BROはゲイ同士の出会いを目的としているアプリではないので、アプリを通じて出会う相手が自分のことを恋愛や性的な対象と見てくれないケースもあります。

また日本ではストレートの男性がゲイの男性と会うためにマッチングアプリを使うのが浸透していないため、日本人をターゲットに利用しても相手が見つからない可能性もあります。仮にマッチングができたとしても相手がストレートなら、それ以上の関係の関係になる確率はかなり低いでしょう。

日本人向けに開発されたアプリではなく、日本人をターゲットにしているアプリでもないので外国人とマッチングしたい人に向いています。

有料会員になった方が機能は増えますが、有料会員になっても相手が見つからない可能性があるので、まずは無料会員になって使いやすさを試してみましょう。

BROのまとめ

BROはストレート男性とゲイが出会えるマッチングアプリですが、ゲイの友人や恋人を作りたいという理由で使うのは向いていません。ストレートの男性と交流して情報交換したり、話せる相手が欲しいなどの理由で使うのに向いています。

BROはタイプを設定してマッチングできる相手を探せる機能やチャット機能など、アプリの機能そのものはゲイアプリとほとんど同じです。英語が分からなくてもゲイアプリを使ったことがある人なら感覚的に分かると思います。

今は日本にあまり浸透してないアプリですが、外国ではどんどんユーザー数が増えているので今後の展開が楽しみなアプリです。